この世は大きな養蜂場よ。
監督・脚本:ジーナ・プリンス=バイスウッド、
撮影:ロジェ・ストファーズ、音楽:マーク・アイシャム
CAST:ダコタ・ファニング、クイーン・ラティファ、
アリシア・キーズ、ソフィー・オコネドー、
ジェニファー・ハドソン、ポール・ベタニー

4歳のとき銃の暴発で母を亡くしたリリィ。
父との生活に耐えられなくなった14歳の誕生日、メイドのロザリンと家を飛び出します。
1964年の夏は公民権法が制定されたものの偏見は色濃く残り、
白人の子どもリリィと黒人のロザリンの旅は厳しいものでした。

町の食料品店で見つけた“黒い聖母のはちみつ”をきっかけに
オーガスト・ボートライトの家で働くことになった、ふたり。
しかし、安住の地にも、リリィが事件を呼び込んでしまい…。

「愛されたことがない」と思い込むリリィに、過去の秘密が解きあかされます。

リリィ、はちみつ色の秘密
Thanks! Soleil http://www5b.biglobe.ne.jp/~Y-Soleil/
また思いがけず、上質な「作品」に出会ってしまった。
映画を観たというより、織物や陶芸や彫刻、絵画のように、ひとつひとつ、作家さんの思いが込められて出来上がった「作品」を味わったような。
原作者、監督、俳優など、映画に関わったすべての人たちが、きっとこの作品をとても愛していて、お互いを尊敬し合っていて、大切に作り上げられたんだなって伝わってきます。
そして時代背景とか家族事情とか、いろいろな視点で感じることはあったけれど、「女性」ってやっぱり無限のパワーを持っているんだと強く確信して、ちょっぴり泣きました。私という女が幸せに生きていくための元気をもらいました。
頑張っていたり頑張れなかったり、楽しかったり落ち込んでいたり、すべての女子に観てもらいたい作品です。
あとそれから、私は毎朝ヨーグルトに「はちみつ」をかけて食べていますが、「はちみつ」の甘さが、今までよりずっとずっと、甘く優しく感じるようになったよ。(koidemiho)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック