フォブールは1つしかない。
監督・脚本:クリストフ・パラティエ 
脚色:クリストフ・パラティエ、ジュリアン・ラプソー 
撮影:トム・スターン 音楽:ラインハルト・ワーグナー 
衣装:カリーヌ・サルファティ
CAST:ジェラール・ジュニョ、クロヴィス・コルニアック、
カド・メラッド、ノラ・アルネゼデール、ピエール・リシャール、
ベルナール・ピエール・ドナデュー、マクサンス・ペラン

1936年・パリの下町。街の人に愛され、
ほそぼそと営業をつづけていた劇場が幕を降ろします。

裏方のピゴワルは無職となり、わが子と引き離され、失意のどん底に。人民戦線、ゼネスト、戦争の足音…、時代の流れに無関心なピゴワルはただただ劇場の復活を模索していました。
オーディションに表われた女性・ドゥース、引き込もっていた親友・ラジオ男、悪徳不動産の心変わり、シャンソニア劇場は再建され、活況を呈します。

これで息子を取り戻せるとよろこんだのもつかのま、
思いがけないトラブルが待っていたのです。

幸せはシャンソニア劇場から

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック