私の長年の夢なの。かなえるのに年は関係ないわ。
監督:フリドリック・トール・フリドリクソン 
音楽:ヒルマル・オルン・ヒルマルソン
CAST:ギスリ・ハルドルソン、シグリドゥル・ハーガリン、
ルーリック・ハラルドソン、ブルーノ・ガンツ

老人ホームで再会したゲイリとステラ。
脱走の常習犯ステラは「故郷で眠りたい」とゲイリに告げる。
ジープを盗み、今では廃村となり軍用地になっている故郷へ
向かう。

捜索され、あちこちで目撃されつつも、
忽然と姿を消してしまう二人。
辿り着いた先で、それぞれのこころに訪れるものとは…。

人は百歳まで生きたとしても、その後、何千年と死に続けます。
どう生きれば、どんな死を迎えられるのか?
考えさせられる名画です。
たぶん小学生の時に「小さな恋のメロディ」を観て、
まだ知らない「大人になる」ことがちょっぴり不安になったり、
ワクワクしたことを覚えています。
そして今、自分たちの老後なんて言葉がふつうに出てくる年齢になって、この映画に出会いました。
私には「小さな恋のメロディ」のその先の物語のように、ふたつの映画が重なり。。。
まだ知らない「老いと死」をおそれることなく、
これからももっとずっと自分らしく生きていこうと思わせてくれたのです。
静かに静かに力強く優しい映画。
「老いること」はちょっぴり不安だけど、
その時私はきっと楽しんでいるはず!だよね。(koidemiho)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック